Ubuntu 20.04にWineをインストールする手順–Releaseファイルのエラーを避ける

スポンサーリンク

Ubuntuの長期サポート版の20.04でWineを使おうと思ったのですが、公式HPに記載されている方法だと途中で詰まってしまいました。

そこで、最終的にうまくいった方法をここに残しておきます。

ただ、私はLinuxに詳しいわけではないので、もっと良い方法があるのではないかと思っています。

ちなみに、Lubuntu 20.04でも試したのですが、やはり公式の方法では無理なので、ここに載せている方法でやりました。

Ubuntu 20.04にWineをインストールする手順

32bitアーキテクチャを有効にする

まずはじめにやるべきことは、32bitアーキテクチャを有効にすることです。

これを最初にしないと、あとで困ったことになるとか。

sudo dpkg --add-architecture i386

公式の手順でうまくいかなかった部分

次に公式の手順に記載されているが、私の環境でやってみてうまくできなかった部分を載せます。

WineHQ絡みがどうもダメみたいです。

まず、WineHQの鍵を追加します。

wget -nc https://dl.winehq.org/wine-builds/winehq.key
sudo apt-key add winehq.key

続いて、「etc/apt/sources.list」にリポジトリを追加します。

sudo add-apt-repository 'deb https://dl.winehq.org/wine-builds/ubuntu/ focus main'

Ubuntu 20.04に対応したWineのバージョンが ‘focus’ なんですよね。

この後、 ‘apt update’ をするとエラーになります。

sudo apt update
E: リポジトリ https://dl.winehq.org/wine-builds/ubuntu/ Release main には Release ファイルがありません。
N: このようなリポジトリから更新を安全に行うことができないので、デフォルトでは更新が無効になっています。

「Releaseファイルがありません」というメッセージは、検索してみると割とよく出るものらしいのですが、今回のWineHQに関しては解決策を見つけられませんでした。

英語のサイトにならあるような気がしますが、読めませんでした(英語くらい読めないと苦労しますね…)

sources.listを編集してエラーを回避する

どうしようもなかったので、WineHQを導入することを諦め、ノーマルなWineを導入することに(※古いと思います)

Ubuntuには標準でnanoエディタが入っているので、それを起動し、「etc/apt/sources.list」に追加したWineHQのリポジトリをコメントアウトします。

sudo nano /etc/apt/sources.list

nanoエディタを起動するとファイルの末尾に、 ‘deb https://dl.winehq.org/wine-builds/ubuntu/ focus main’ という記述があるので、その行の先頭に「#」をつける。

#deb https://dl.winehq.org/wine-builds/ubuntu/ focus main

これでコメントアウトになります。

この状態でもう一度 ‘apt update’ をすると、エラーが出なくなっているはず。

sudo apt update
sudo apt upgrade

公式と違う方法でWineを入れる

最後に、公式では ‘sudo apt install –install-recommends winehq-stable’ でインストールするはずですが、それだとエラーになるので次のようにします。

sudo apt install -y wine-stable

これだとなんとかなりました。

‘winehq-stable’ がインストールできない状態なので、 ‘wine-stable’ になっています。

なんとかなった

とりあえず、私はこれでWineが入りました。

Wine導入後の設定方法はWebに転がっている方法で大丈夫です。

私はフリーゲームを動かしたかったので、winetricksを入れて必要なライブラリをインストール→MIDIを聞けるようにするためにQsynthを入れて設定するとかをしました。

おしまい。

Linux
スポンサーリンク
ねこどんをフォローする
スポンサーリンク
ねこどんの寝言。

コメント