Retroid Pocket 2を手に入れたのでレビュー:RPGを持ち歩くならあり

ガジェット
スポンサーリンク

また怪しい中華ゲーム機を入手しました。どうも、ゲーム機好きなねこどんです🎮

今回は「Retroid Pocket 2」というAndroid 6.0搭載のエミュレータゲーム機です。

触ってみた感じや、使うならどう使うかなど、手に取ってどう思ったかをお伝えします。

Retroid Pocket 2の概要

「Retroid Pocket 2」は、Android 6.0搭載のゲーム機で、主な用途はエミュレータです。

出荷時に既にエミュレータアプリがひととおりプリインストールされており、設定さえしてしまえばお手持ちのゲームROMで遊べます(当たり前ですが、ROMは自分で吸出しましょう)

Retroid Pocket 2の仕様
カラー11色(Retro/16Bit/16Bit US/RS1/RS2/RMS/8Bit/オレンジ/ブルー/ピンク/インディゴ)
OSAndroid 6.0デュアルブート
CPUCorx-A7 1.5GHzクアッドコア
GPUARM Mali400-MP2 500MHz
メモリ1GB LPDDR3
ストレージ8GB EMMC(内蔵)、32GB(MicoroSD)
SDカードスロットMicroSD(最大128GB)
ディスプレイ3.5インチ、IPS、640×480
I/OポートUSB Type-C、Mini-HDMI出力、イヤフォン
ネットワーク無線LAN(802.11 b/g/n)、Bluetooth 4.0
バッテリー4,000mAh、充電時間2.5時間
本体サイズ81×153×17〜30ミリ
本体重量194グラム
同梱物本体、専用USBコントローラー×2、microUSBケーブル、HDMIケーブル、USB Type-C変換アダプタ、英文マニュアル
対応エミュレーターMD/GBA/GBC/PCE/SFC/PSP/FC/WSC/FBA/MAME/N64/PS1/DC等
機能Moonlight、マルチプレイ、Googleストア

気になるのは、入手難易度。

普通、中華ゲーム機はメジャーなものならAmazonでも手に入るのですが、「Retroid Pocket 2」はそうはいきません。

国内だと、「ゲームガジェット」というお店で取り扱っているみたいなのですが、ちょっとそのお店の噂とか評価とか聞かないんですよねぇ。

ということで、私は海外の「Retroid Pocket 2」公式通販にて個人輸入しました。

Retroid Pocket 2の使用感

さて、Amazonでも取り扱っていない怪しさ満点の「Retroid Pocket 2」ですが、使用感はどうなのでしょう?

実際に手元にあるので、レビューしていきます。

Retroid Pocket 2の箱

操作性

Retroid Pocket 2の外観

操作性なのですが、はっきり言って悪いです。

というのも、ボタンが薄くて押し心地がかたいんですよね。

でも、このタイプのボタンだと、持ち歩いたときに壊れにくいのがメリットですね。

でっぱりがすごいボタンだと、荷物の中で押されたりして、負荷がかかってしまいます。その一方、でっぱりが薄いボタンなら、荷物の中でも無駄に負荷がかかることは少ないはずです。

ただ、アクションゲームやシューティングゲームなどの操作の正確さや素早さを求められるゲームとは相性が悪いです。

なんといってもボタンが固いので、指が痛くなっちゃいます。

RPGみたいな素早さを求められないタイプのゲームなら、普通に操作できます。

サイズ感

Retroid Pocket 2とPSP

PSPと比較すると、横幅は小さいですが、縦幅が少し大きいです。

持ち歩く分には許容範囲だと思いますが、中華ゲーム機の中にはもっと小さいものもありますよね。

その分、画面は大きめなので、そこはメリットかと思います。

サウンド

とっとこハム太郎2 ハムちゃんず大集合でちゅ

これは正直わからんのですが、普通のAndroidのスマホとかと変わらないように思います。

普通に聞こえるし、音割れがひどいということもありません。

イヤホンで聞いてみても普通ですね。

エミュレート性能

う~ん、私が持っているROMの中で負荷がデカいのは、N64とPS1かと思うのですが。。。

とりあえず、N64はもっさり動きます。

音がずれたり途切れたりもするので、N64のゲームをするにはいまいちだなぁと思います。

PS1は今のところ平気です。風のクロノアを持っているのですが、普通に動いています。

N64がうまく動かないのは残念ですねぇ。

まとめ

ねこどん
ねこどん

ボタンが固いので、アクション系はきついが、小型なのでRPG系には向いてる。

私は、上記のように思ったので、ファミコンの「MOTHER」やGBの「ハム太郎2」などのソフトを持ち運ぶことにしました。

一応、SFCも入れていて、お気に入りの「星のカービィSDX」(ヤフオクでcartreaderを買って吸い出しました)も持ち歩いていますが、手が痛くなるので起動頻度は低めです。悲しいですね。

んま、私は互換機派なので、今回の中華エミュ機は好奇心で買っただけなんですけどね笑

コメント