Wi-Fiが3階自室に届かないので中継器を設置した結果快適な生活を得た話【3階建て実家暮らし】

ガジェット
スポンサーリンク

STAYHOME中のねこどんです🐾

世の中が外出自粛し、テレワークが急激に普及した現在、ネットワークが劇遅い…

それどころか、我が家は3階建てでして、そのくせ1階にルーターが設置されているのでほぼ電波来ません。

こんな状態では、テレワークどころかyoutubeも見れないので、Wi-Fiの中継器を購入しました。

Wi-Fi中継器を設置する前

Wi-Fi中継器を設置する前の状態なのですが…

  • youtubeが見れない
  • アマゾンプライムも見れない
  • ネットサーフィンすらできない

という悲しい状態でした。

平日の夜だと、youtubeが開始1分程度までは再生されるかなーといった感じで、

休日は昼夜問わず、まったく再生されねえ!!!って感じでした😢

というわけで、さっさかWi-Fi中継器を買いました。

購入したWi-Fi中継器について

Wi-Fi中継器といってもたくさんの種類があり、どれを選べばいいのか迷いました。

Amazonを見てみると、どうやらTP-Linkとバッファローのものが人気の模様。

調べてみると、TP-Linkのほうが設定が簡単かつ価格もお手頃でした。

購入したのはこちら↓

TP-Link 無線LAN中継器 RE200

特徴として、11ac対応Wi-Fi中継機です。2.4GHz + 5GHz 高速のデュアルバンドモデルに対応しています。

また、対応無線LAN規格は11ac・11n・11a・11g・11bです。

転送速度は433Mbps(11ac)、300Mbps(11n)、54Mbps(11a、11g)、11Mbps(11b)となっています。

TP-Link 無線LAN中継器 RE200 本体

コンセントに直接挿して使います。

我が家は、元のルーターがそんなに早い感じもしなかったので、上記の性能で十分かと思い、購入しました。

Wi-Fi中継器を設置する

Wi-Fi中継器が届いたらすぐに設定をしました。

平日の夜だったのですが、とても簡単な設定だったのですぐにできました。

設定方法は3種類ほどあり、スマホのアプリを使うか、Webブラウザから設定するか、ルーターのWPSボタンを使うか選べます。

私はスマホアプリをダウンロードし、設定しました。

所要時間は10分程度でした。

設置場所は2階にすると決めていたので、無線ルーターと中継器を接続し、3階で使用している電子機器を2階に設置した中継器とつなぐだけでした。

TP-Link アプリ画面

アプリをダウンロードすれば、設定を変えたいと思ったときもすぐに操作できます。

Wi-Fi中継器を設置した結果

Wi-Fi中継器を設置した結果、

  • Youtubeが止まることなく再生できる
  • アマゾンプライムが見れる
  • ネットサーフィンもさくさく
  • Switchでオンライン通信ができる

という以前より幸せな環境を手に入れました。

また、5GHzに対応した機器であれば、混雑している2.4GHzを使わないため、より通信がスムーズになるかと思います。

特に、機能の中に「ハイスピードモード」というものがあり、親機-中継器-端末間のやり取りを次のような設定のみで行えるようにできます。

  • 親機ー中継器:2.4GHz
  • 中継器ー端末:5GHz

この設定を使うと、より高速に無線でのやり取りを行うことができるのです。

Switchなんかは5GHzに対応しているので、かなり快適です。

まとめ

実家暮らしで自分の意志じゃ無線ルーターの位置を変更できない方や、有線LANの工事ができない方は、無線LAN中継器を設置するという選択肢があります。

特に3階建てや家の中に遮蔽物が多い場合は、無線LANの電波が弱くなりやすいので、途中に中継器を設置することで目的の場所に無線LANの電波を届けやすくなります。

家のwifiが遅くてストレスを感じている方は、お試しあれ。

コメント